千葉での葬儀の際、喪服が用意できない時

千葉に限らず通夜や葬儀に参列する時は、喪服かブラックフォーマルを着用します。

しかし千葉での葬儀に参列する際、持っていない場合はどうしたらいいでしょうか?

・貸衣装

突然の訃報で喪服の準備がないという事は少なくありません。

持っていても購入した時とはサイズが変わっていて、着られなくなってしまう事もあります。

こういう場合は貸衣装という選択肢もあります。

近くに貸衣裳店がなくても、今はネットで注文できますので、探してみましょう。

業者により対応は異なりますが、早めに申し込めば即日発送をしてくれるので、翌日には自宅に届きます。

喪服の場合は1日だけでは済まない事が多いので、大体3泊4日くらいの余裕があります。

サイズも各種取り揃えているので、自分のサイズを選べば直ぐに喪服が用意できます。

ただし業者がある地域によっては、到着までに時間がかかる事もあるので、できるだけ近くの業者を選びましょう。

・知り合いから借りる

貸衣裳では費用がかかる、届くまでに日数がかかって葬儀に間に合わないという時は、千葉にいる知り合いや友人から借りるという選択肢もありますが、サイズが合わないと意味がありません。

またいくら知り合いでも、借りたらクリーニングに出してから返すのがマナーですし、一応気持ちとして菓子折りなどでお礼をしなければいけません。

気持ちの問題ですが、親しき仲にも礼儀ありです。

・まとめ

いつ使うかわからないとしても、いざという時喪服がないと焦ってしまいます。

余裕が有る時に喪服やブラックフォーマルは用意しておきましょう。

◇こちらを参考に葬儀の準備を整えましょう–>《URL:http://www.bar82nyc.com/